異邦鳥

(Wed)

Posted in 野鳥

0 Comments



いつもの水辺の散歩コースに変わった鳥が来ている。
ホオジロカンムリツル。
アフリカ南部原産のツルだそうだ。
この岸辺、動物園とかじゃなくて、ただの川岸なんですよ。



僕は10月の中頃に始めて見たんだけれど、8月の末頃にはすでにここらにいたらしい。
以前から撮影にチャレンジしていたのだけれど、こんなふうに遠くから撮るのがやっとでした。



10月に聞いた話では、隣町で飼っていたペットが逃げ出したとか。
その後、新聞に写真入りの記事が。
茂原市の動物園から逃げたホオジロカンムリツルが、印旛沼に来ているとのこと。
茂原市も印旛沼もおなじ千葉県。
記事が出た頃には、こちらに移動してきたのかなあと思っていた。
だって、同じ時期に2羽のホオジロカンムリツルが逃げ出すなんてこと、(それも同じ県内で)考えにくい。
ところが最近の新聞記事によると、茂原のツルと、このツルは別の個体らしい。
顔の模様をよく見ると違うらしいのです。へぇーーー。



これから寒くなりますが、ちゃんと冬を越せるでしょうか。
エサさえ確保できれば何とかなるらしいですが…。
みんな心配しています。
関連記事
スポンサーサイト