人の入らなくなった山~初夏の里山へ

(Wed)

Posted in 里山へ

0 Comments



さて、昼ごはんも終わってさらに山道を奥に入ろうとすると…。

倒れた竹や、枯れた杉の木にふさがれて先に進めませんでした。
他にもいくつかの脇道をのぞいて見ましたが、ちょっと先まで進むとこんな状態のところばかり。
道も、山そのものも荒れています。
昔はいろんな所に入って行けたんですが。
こんなところが増えているようです。
きっと、山に入る人が減ったんでしょうね。
里山は、人の手が適度に入ることで、よい状態を保つのだというのは本当にそうなのだなあ。



しかたがないので来た道を引き返します。
ここら辺は針葉樹林。
鳥の声が鳴り響いていました。
ずいぶん探しましたが、最後まで姿は見えませんでした。
関連記事
スポンサーサイト