雨の使者

(Wed)

Posted in 水棲生物

0 Comments



雨といえばカタツムリ。
小さなカタツムリが歩いていました。
殻の大きさが1センチにも満たないほどの大きさです。

昔はこの辺りにも大きなカタツムリがいて、雨の日などは道を横切ったりしていたのですが、最近はまったく見かけなくなりました。
その場所はむかしは林だったけれど、今は住宅地。
見かけなくなっても、まあ当たり前なのですが、なんだかなー。
関連記事
スポンサーサイト