シャコバサボテンの芽摘み

(Wed)

Posted in 植物

0 Comments



写っているのは「シャコバサボテン」です。
「クリスマスカクタス」とか「デンマークカクタス」とも呼ばれるもの。
クリスマスの頃にたくさんの花を咲かせるのでそう呼ばれたらしいですが、実際にはうちでは多くの場合、それより少し前に咲き終わってしまいます。
最近では「クリスマスカクタス」とはあまり呼ばれなくなっているのも、同じ理由からではないでしょうか。

さて、芽摘みです。
ちょうど桜の咲く頃に芽摘みをします。
といっても一昨年までは放ったらかし。
NHKの趣味の園芸で知って、去年からはじめました。

これから新芽の伸び始める季節ですが、その直前に葉の長さを整える、剪定のような意味合いでおこないます。
夏ごろになって伸び放題になってから摘んでしまうと、花芽が出にくくなるので、そうならないために今摘んでおくのです。
今摘んでおくとそこから枝分かれも進むので、花数もぐっと増えます。
いまが芽摘みの適期です。
関連記事
スポンサーサイト