はじめてのMRI

(Fri)

Posted in ひとりごと

2 Comments

玄関の花120330
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2


先日、母が玄関に飾った花がきれいだったのでパシャリ。
花瓶の下に、プラスチック植木鉢用のお皿が敷いてあるのが玉にキズ(笑)。

ところで僕の顎関節症についてですが現在では、症状は快方に向かっています。
先日の記事が説明不足だったために、なかには誤解してしまった方がいたようで申し訳ないです。
この一連の記事は、ある程度、治療の方向性が見えて回復の見込みが見えてきてから書き始めました。ご心配をおかけしても申し訳ないですから。
というわけで、今回の話は2月下旬の話です。


MRI検査の予約のために、まずは問診がありました。
身長体重や病歴などを聞かれます。
そして「磁気による撮影なので、放射線被ばくは無い」との説明。
それはわかってるんですけど、初診のときのレントゲン撮影で既に被ばくしているのでは…?(笑)
被ばくしないMRIでは説明があり、実際に被ばくするレントゲンでは説明が無いのがなんか可笑しい。
このMRIの説明って、原発事故後に始めたのでしょうか。
レントゲンで説明しちゃうと、怖がって拒絶する人が増えて診療にならないのかもしれないけれど…なんだかねえ (^∇^;)ハハ…


そして検査当日。
さいしょにMRI担当の先生に説明を受けます。
ここでも放射線被ばくは無いとの説明。予備知識が無かったらあの大きな機械だし、かなりな誤解を生むこともあるのかもなあ。
それと狭い所や暗い所は大丈夫かどうか聞かれました。そういえば予約のときにも聞かれたな。
面堂終太郎はMRI絶対ムリだな(←わかる人いますかー、年代がバレますね笑)。
説明が終わると更衣室にご案内。
金属は身に着けていてはいけないので(磁界が乱れるからね)時計とかは全部はずします。
ズボンは脱いで、上もシャツくらいになって、指定されたエプロンみたいなのを羽織って、前で紐を結んで準備完了。いよいよ撮影です。

なんかもう、検査とか言っても気分はアガリますよ。
初めて500系新幹線に乗るとか787ドリームライナーに乗るとか、初めてのスマホとか、そんな気分! 先進ハイテク機器ですからね!
更衣室に荷物を置いてカギをかけ、そのカギはたしか機械からちょっと離れた所にあるテーブルに置いたかな。
指示されるままエプロン姿で細長い寝台に横たわります。
上からカバーを被せられて、マジックショーの人体切断のような状態に。
このあと胴体の当たりにノコギリがあてられて…なんてことはないけどね。
寝台が動き始めて、アタマの方向にある機械の本体の丸い穴に、ずんずん入って行くわけです。
それがまあ、ホントに狭い。
まるで人間大砲に装填される気分。あるいはカンオケに入れられて、火葬場の焼却炉に入れられる気分。どっちも経験無いけど(あたり前か 笑)。

中に入ると意外や明るい。
白基調の内壁に、びっしりと小さなランプ(たぶんLED)が並んでいて、それでいてまぶしくはない。
狭さは異常な状況なんだけど、それほど不快じゃなかった。
これで外に出たら、タイムスリップとかしてそう。
そのまま眠って目覚めると、数千年後の、太陽系から遠く離れた宇宙船の中とか。
そんなアホな空想など思わずしてしまいます。
でもとにかく動いてはマズいので、それはちょっとしんどい。
以前に体験した母から聞いていたとおり、中ではガンガンガンというか
コンコンコンというかそんな音が、結構な音量でなっています。
しばらくするとスピーカーから、
「はい、では始めます」と誰かの声が。
とにかく動かないようにしていると、ゴンゴンいう音がひときわ大きくなります。
音は一定のリズムであるときは大きくあるときは控えめに、あるときはテンポが少し変わったりしながら続きます。時おり、
「はいでは、ナントカカントカしまーす」とか声が聞こえてきますがあまりよくわかりません。

しばらくすると寝台が動き、外に引き出されました。
それと同時に先生がやってきて、こんどは口を開けた状態での撮影をするとのこと。
痛いアゴを思い切り開けられて、閉じないようにそこにガッツリとでかいマウスピースをはめられて、また機械の中へ。
今度はアゴが痛いのでかなり苦しい。でも動いちゃいけない。スピーカーからは
「ナントカカントカー」って声が聞こえてくるけど、相変わらずハッキリ聞き取れません。
ゴンゴンゴン、カンカンカン、コンコンコン…。
なんだかタイヘンなことになってるなあ、とか考えていると、また引き出されて今度こそ終了です。全部で20~30分位かかっただろうか?

カギを持って更衣室に行って、もとの服装に着替えて帰ります。
「骨の変形はたいしたことなさそうだから、たぶん開口訓練になるかなあ、専門の先生が判断しないとハッキリとはわからないけど」とMRIの先生。
さて、その専門の先生の診断ですが、スケジュールの関係で10日ほど待つことになるのでした。

と、きょうはここまで。
次回は、10日後に明かされた診察結果についてお話しします。
3月上旬に行われたその診察で、驚愕の治療方法が示されたのでした!
って、大げさか。
ところで長々書いてしまったけど、ここまで読んでくれた人はいたのだろうか?
お付き合いどうもありがとうございます m(_ _)m (^_^)



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

もうハイビスカスの蕾が

(Wed)

Posted in ひとりごと

5 Comments

ハイビスカスの蕾120328
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2


冬のあいだ、室内に入れているハイビスカスの鉢植えに、いつの間にか蕾がついていました。
さすがにもう春ですね。

土日の更新をサボったら、そのままずるずるサボり続けてしまいました。
いたって元気なので御心配なく。
あまり根を詰めて体調くずしてもなんなので、これからもこんな感じでゆるりと参ります。
もう大丈夫だとは思うんですけどね。

てな流れで、病院話の続きを(笑)。
口がうまく開かないので、鏡を見ながらあーでもないこーでもないと口を開けたりしていたら、舌の付け根に白いデキモノがあるのを見つけました。
2ヶ月経っても無くならないので、
「もしかしたら舌ガンかも…」というベタな不安が。
顎関節症も舌ガンも口腔外科へGo! ということなので、2月の末に行ってきました。
ネットで中途半端に調べ、不安MAXだったので近所の歯医者じゃなしに大きな病院へ。
もっとも不安だったデキモノは、舌にある扁桃なので心配は無く悪性であるとかは考えにくいとのこと。
「それよりも本題は顎関節症」ってかんじでそっちでどんどん話が進んで行くので、「ほんとになんでも無いらしい」と安心できたけどなんか恥ずかしい…(笑)。
で、顎の容態のことをいろいろ話してレントゲンを撮ってもらいました。
レントゲンを見ると少し顎の骨に変形が見られるとのこと。
後日改めて専門の先生に診てもらうことに。
そして後日、診て頂き、念のためにMRIを撮影することになりました。
あの M・R・I です! 磁気共鳴画像診断装置!
人生初のMRI撮ってもらいました。
さて、そのMRI体験ですが、今回はここまで。
その話は次回に続きます。



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
関連記事

春が来て、梅の花一輪

(Thu)

Posted in

4 Comments

梅一輪120322
Canon EOS KissDigitalX + EF50mm F1.4 USM


咲き始めのころの梅の花。
ことしは開花が遅かったですねー。
いまじゃたくさん咲いてるけど、ちゃんと撮ってない。
しばらくの間、ずーっと写欲減退気味でした。

温かくなってきて、僕もすこし元気が出てきたかも。
年末から体調不良が続いていました。
いやじつは…、口が開けづらくなっていたんです。モノをかんでも痛い。
顎関節症ってやつです。
ヒドいときはホントに噛めなくて、総入れ歯のおじいちゃんって、こんな感じかなってくらいで…。
おせち料理のクワイが食べにくくてね…リスのように齧ってました(笑)。

しばらくすると自然に治ることが多いらしくて様子を見てたんですが、2ヶ月経っても治らないので2月の末に病院に行きました。
顎関節症は歯医者さんに行くんですよ。
現在は通院しながら療養中です。
だいぶ痛みも無くなって、口も開くようになってきました。
そこら辺の話、くわしくはまた今度しますね。
えっ!聞きたくない?
まあ、大した話でもないんだけど、まあそう言わずに! (^_^)



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
関連記事

今シーズン最後の…

(Tue)

Posted in 料理

3 Comments

カキとクレソンのスパゲティ120320
Canon EOS KissDigitalX + EF50mm F1.4 USM

今シーズン最後の…カキです。
カキの食べ頃は”R”の付く月なんて言いますが、実際問題4月になったらもう旬じゃないでしょ。
というわけで、今シーズン最後のカキを食べることにしました。
カキとクレソンのスバゲティー。
落合シェフのレシピを見て作りました。
今年はカキの当たり年だったみたいで、このカキも大粒。
おいしかった。
カキの旬は終わりますが、そろそろアサリが旬ですね。
アサリも好きなんだよなー♪



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
関連記事

~初夏の遊園地~ 最終回

(Sun)

Posted in 遊園地

2 Comments

空飛ぶツバメ120318
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2         2008年初夏 生駒山上遊園地

時計の針も4時を回って、そろそろ帰ることにしました。
締めと言うわけでもないけれど、ひっきりなしに頭上を飛んでいたツバメの撮影にチャレンジ。
標準ズームでUSMも手ブレ補正もナシで、一枚だけちゃんと撮れたので満足。
けっこうムズカしかった。

最後にまとめてダダッといきます。中途半端で出せなかったのとか含めて。

サイクルモノレール120318

まずはこれ、こんなものあるんですよ。
自転車みたいに漕ぐやつね。むかし乗ったことがあったなあ。
前がつかえて渋滞したりしてね。
人様が乗ってるので寄って撮るわけにも行かず、こんな写真でカンベンください。


ジェットローラー120318

ジェットコースターです。
『ジェットローラー』って書いてありますね。
いくつかあるジェットコースター(それっぽいのも含めて)の中ではこれが一番ハードだと思います。
これもむかし一度乗ったことがあるなあ。


ゲームコーナー120318

このゲームコーナーの写真は前にも載せたけど、あとでこっちの写真が見つかったので…こっちのほうが良かったな…と(笑)。


ワンコ120318

再びふれあい動物コーナーのワンコ。
これもあとで見つけてこっちの写真のほうが良かったかな…と(さらに笑)。



さて、遊園地を出て、その周囲を少し散策したときの写真を。

モノリフト120318

荷運び用のリフト、というかちっちゃいモノレールが。
切った枝でも運ぶのかな? 謎。
山の田畑や果樹園とかではよく見るものだけど、ここはただの薮なんだよね。


下界を見下ろす120318

林の切れ目から下界を望む。
たぶんこの方向に、むかし祖父母が住んだ家が。
「なんとなくあの辺かな」というくらいはわかったけれど、春だからか霞んでました。


ケーブルの軌道120318

さ、それでは山を下ります。
帰りももちろんケーブルカーで。
やがて来るケーブルカーのためにワイヤーが引き上げられて、ローラーがごっとんごっとん音を立ててグルグル回っています。


生駒山を見上げる120318

途中一回の乗換を挟んでのんびりと降りてきて、この日のお出かけは終了。
さいごにさっきまでいた山と遊園地を見上げてパシャリ。
超久しぶりの懐かしい遊園地は、やたら寂れていたけれどほんわかと温かいものでした。
このあとはスーパーに寄って、晩ご飯の材料を買って帰りました。
なかなか良い一日でした。

去年の7月から続いたこのシリーズ、きょうで最終回です。
長々お付き合いありがとうございました。



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
関連記事

帰るまえに、ひと休み ~初夏の遊園地~

(Thu)

Posted in 遊園地

2 Comments

フルーツサワー120312
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2         2008年初夏 生駒山上遊園地

遊園地を写真を撮りながらぶらぶら回って、そろそろ帰る時間。
山を下りるまえに休憩所でひと休み。
自販機で買ったのはこれ「復刻堂フルーツサワー」。
なんとな~く見覚えがあるような無いようなデザイン。
味も想像通りでなんか懐かしい感じ。おいしかった。
昔飲んだことあったかな? それの復刻版なんだろか?
う~む、謎。
これ、奈良では到る所で見たんだけれど、地元の千葉じゃ全然見たことがない。
東京ではどうかな?
たぶん関西か西日本の限定モノですね。


売店120312

休憩所といっても売店は休み。
なぜか自販機が近くに無くて、疲れてるのに行ったり来たりが面倒だったと記憶しています。
ハンパ無くさびれてます。そこがよかったんだけど。



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
関連記事

ふわふわダンボ ~初夏の遊園地~

(Tue)

Posted in 遊園地

2 Comments

ダンボ1120312
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2         2008年初夏 生駒山上遊園地

長々と続いているこのシリーズ、ここのところすっかりメインコンテンツとなってますが、そろそろゴールが見えてきました。
きょうは出し損ねていた『ふわふわダンボ』たちの写真を。
こうやってレールの上をゆっくり進んでいたんだけれど、殆どのゴンドラが無人。


ダンボ2120312

衣替えしてしまったらしく、いまではこの姿は見れないみたいです。


ダンボ3120312

かわいいんだけどね。しょうがないですね。



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
関連記事