どっちが先?!

(Sun)

Posted in

0 Comments

フグ看板101031



づぼらや看板101031
FUJIFILM FinePix Z2                           2008年 大阪 道頓堀にて

同じようなフグが2尾。どっちが先に始めたのか?
写真ではわかりにくいかもしれないけれど、この2尾のフグ、わりと近くにあるんです。
赤と黄色のたくさんの提灯がありますよね。あのこっち側と向こう側、という感じです。
づぼらやさんは、新世界にもありますね。テレビとかでよく目にして知っていたので、この無印のフグを見たときはバッタものかと思いました。でも考えてみればどっちが先なのか僕は知らないわけで。
まあ、フグを食べさせる店がフグの看板を造るのに、とくに誰かの許可がいるわけじゃないもんね。なんか面白いなあ。



blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

地下釣り堀

(Sat)

Posted in

0 Comments

釣り堀101030
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2
                    2008年 大阪 道頓堀にて

道頓堀の商店街。地下に下りる階段の先に、いきなり釣り堀が。看板には大きな魚がぶら下がっている。
これって確か…そうそう、チョウザメだ。チョウザメが釣れるって書いてあるぞ。すげいなあ、大阪。
チョウザメっていったら、卵はキャビアだよね。さすがに採れないだろうけどさ。
写真を撮っていたら、女の子がふしぎそうにこっちを見てた。あやしいやつに見えたのかな?
まあ…、あやしいよね。



blogram投票ボタン
関連記事

鬼もいました

(Fri)

Posted in

0 Comments

赤鬼101029
FUJIFILM FinePix Z2                           2008年 大阪 道頓堀にて

きのうは龍の看板の写真でしたが、他のお店には鬼もいました。
たこ焼き屋の二階に二人の赤鬼が。
口が「あ」、「うん」になってますね。



blogram投票ボタン
関連記事

龍のいるラーメン屋

(Thu)

Posted in

0 Comments

金龍ラーメン101028
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2
                    2008年 大阪 道頓堀にて

道頓堀には立体看板が多い。
こちらは金龍ラーメン。大きな龍がお出迎えしています。なぜか青龍ですけど…。
有名店らしいので入ろうかと迷たんですが、あまりにもオープンな店の造りにビビってスルーしました。
外から丸見えっていうか…ほとんど外。いまあらためて写真を見ると、タイの屋台かなんかに見えなくもない。
このすぐ先の路地を入った所にもう一軒、ラーメン屋があってそちらも行列ができていたので、すいた所を狙って入りました。
おいしかったです。店の名前、わすれちゃったけど。



blogram投票ボタン
関連記事

法善寺の水掛不動さん

(Wed)

Posted in 寺社

0 Comments

法善寺入り口101027
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2
                     2008年 大阪 法善寺

法善寺横丁と言うからにはもちろん、お隣にあるのは法善寺です。
法善寺さんには有名な水掛不動さんが。たくさんの方がお参りをしていました。

みなさん真摯にお参りしていらしたので、写真を撮るのにちょっと腰が引けてしまいました。なんだかちょっとバチ当たりな気がして。
ですからこのあとちょっと写真がいまいちですが、よろしかったら続きをご覧ください。
苔むしたお不動さんがすごいです!

続きを読む »

関連記事

法善寺横丁

(Tue)

Posted in

0 Comments

法善寺横丁看板1101026
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2         2008年 大阪 法善寺横丁

道頓堀のちょっと南には法善寺横丁がありました。
ここも名前は何度も聞いたことがありました。以前、火災のニュースも流れましたね。
ここは道頓堀をウロウロしていて予期せず行き会いました。時間的にも体力的にも結構いっぱいいっぱいの状態だったのか、あまりちゃんと撮れていないのですが、横丁の入り口にある看板の写真です。
こちらは西門の看板。藤山寛美の筆によるものだそうです。

法善寺横丁看板2101026

こちら東門の看板は3代目桂春団治の筆。
芸の為なら女房も泣かす、あの人でしょうか?
調べてみたら違うようですね。あの歌に歌われているのは、初代桂春団治だそうです。



blogram投票ボタン
関連記事

都市の生活

(Mon)

Posted in

0 Comments

都市の生活101025
FUJIFILM FinePix Z2                2008年 大阪 日本橋付近

大阪の街中の、古いマンションだかアパートだかの裏窓。
スダレとたくさんの荷物、あるいは枯れた植木とビールケース。
生活感、あるいは生活に疲れた感が漂ってました。
東京でも大阪でも大きな都市には独特の、似たような空気感を感じる場所があります。
都市近郊でもちょっと郊外になると、また違った雰囲気になるような気がするのです。

きょうは2エントリー。よろしければひとつ前の記事もどうぞ。



blogram投票ボタン
関連記事