ミツバチの巣分かれ

(Sun)

Posted in

0 Comments

ミツバチ100620

先月のこと。
近所の水辺を歩いていたら、樹の枝にたくさんのミツバチが。
これが話に聞く『ミツバチの巣分かれ』か。
新しく女王蜂が生まれたので、古い女王蜂が供を引き連れて、新しい巣を作るべく旅立ったのです。
こうやってひとまず落ち着ける場所を見つけると、働き蜂達があちこち飛び回って巣を作る場所を探すらしい。
場所を見つけたら、ここからはいなくなります。
一週間後にはもういなかった。
もういまごろ、どこかに巣を作っているんだろうな。

近年、蜂が謎の激減状態らしいから、がんばって生きてほしい。
蜂がいないと花も実もないのだ。
蜂ってエライんだよな。写真を見ながらあらためて考えてしまった。



blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

マダム・イザーク・ペレール

(Fri)

Posted in バラ

0 Comments

マダム・イザーク・ペレール100611

オールドローズの『マダム・イザーク・ペレール』です。
これは20日ほど前に撮影したもの。
つい先日、最後の花が終わってしまいました。
このバラ、一季咲きだと思っていたのですが、繰り返し咲きだという記述をネット上で見つけました。
そうなのかな? もしそうならもう一度咲いてくれるだろうか?
植えてから4、5年経って、株がかなり充実してきたので期待してしまいます。
色もカタチもきれいなバラなので、咲くといいな。



blogram投票ボタン
関連記事

あっ!カブトムシ

(Thu)

Posted in

0 Comments

カブトムシ100610

テレビを見ていたらブーンと何かが窓に飛んできた。
開けてみると網戸にカブトムシの雌。でかい!
まだ6月上旬なのに気の早いことだ。
ここのところ暖かい日が続いたからねー。今日も暑かったし。
夏だと勘違いしちゃったのかねー。
しかし、カブトムシが飛んできたの、ひさしぶりだなあ。
この辺りもだいぶ雑木林が減ったけど、まだ頑張って生きているんだ。
それにしてもまだ梅雨入りも、これからだよ。
ちゃんと夏の終わりまで生ききって、ね。



blogram投票ボタン

関連記事

小さなバラ

(Wed)

Posted in バラ

0 Comments

小さなバラ100609

ミニバラほどの大きさで一季咲き。
色はピンクのような赤のような、紫のような色。
父がどこからか貰ってきたかなにかして、鉢に挿し木していたのもが毎年花を咲かせている。
後ろに見える太い枝は別のつるバラの枝です。
このバラは細い幹が何本か、という仕立て。
地味に健気にがんばっています。



blogram投票ボタン

関連記事

つるバラ『新雪』花盛り

(Sun)

Posted in バラ

0 Comments

新雪100606

今日撮った一枚。
つるバラの『新雪』の花が、盛りをむかえています。
このバラ、ハッキリとは憶えていないのですが、もう樹齢25年は経っているはず。
我が家でもかなりの古株です。
幹の根元が、ウチにあるどの庭木よりも太くて立派です。
一本でたくさんの花を咲かせて、道往く人々の目も楽しませてくれています。
いやほんとに。今年の始め頃、寒肥をあげる作業をしている時、道を通る年配の御婦人に声を掛けられました。
毎年楽しみにしてくださっているそうです。
そういう声を聞かせて頂けると、ちょっと面倒な作業にも張り合いが出ました。
うれしいものです。



blogram投票ボタン

関連記事

マリアカラス

(Sun)

Posted in バラ

0 Comments

マリアカラス100605

一季咲きのつるバラ『マリアカラス』。
花を咲かせるのは春に一度だけ。
そのかわりに大きな花を咲かせます。
今年はもう散っちゃった。またらいねん。



blogram投票ボタン

関連記事

つるバラ『ダブリン・ベイ』

(Fri)

Posted in バラ

0 Comments

ダブリン・ベイ100604

つるバラの『ダブリン・ベイ』も赤い花を咲かせています。
このバラを植えてから、もう5年くらいになるでしょうか。
毎年少しずつ、しっかりとした太いつるが増えてきて、花も大きく立派に。
もちろん花数も増えて存在感もアップ。
隣にむかしから植えてある白バラの『新雪』と、互いを引き立て合っています。 


関連記事