初夏の里山へ~いよいよ山の中へ

(Thu)

Posted in 里山へ

0 Comments



いよいよ山の中へと入って行きます。



道の脇には古い道標が。



歩きつづけるとやがて小さな原っぱがあらわれます。
昔はここにお地蔵さんが5、6体並んでいたんだけれど、何時の頃からかなくなっています。
どうしてだろう?



ここでまた少し遠回り。わき道に入ります。
ここを抜けていくと…。



眼下に棚田が広がっているのでした。


また続く。

関連記事
スポンサーサイト

初夏の里山へ~ツツジ

(Wed)

Posted in 里山へ

0 Comments



5月の山道で最初に出迎えてくれたのはツツジの花。
ここまではふもとの集落を抜けてきましたが、
もうここから先は人家はありません。



このツツジはどんな種類のツツジなのでしょうか。
さっぱりわかりません。



光の当たり具合や個体差で、同じ場所に咲いていてもずいぶん色あいが違います。
同じように見えていろんな顔の奴がいるみたい。

ところでここまで、集落を抜けてきたと書きましたが、
じつはその道は少し遠回りの道。
駅からまっすぐの道はと言うと…



じつは碁盤目のように整理された、大きな住宅街を抜ける道。
山の間際まで迫っているのです。
でもそんな道はあまり面白くないのでパス。
真っ直ぐの坂道って疲れるしね。

はるか向こうに見えるのは生駒山。
山頂に並んで見えるのは電波塔です。
あそこには遊園地もあるのだ。
関西ではおなじみですね。

あしたもさらに続きます。
関連記事

初夏の里山へ~その2

(Wed)

Posted in 里山へ

0 Comments



きのうからの続きです。

さらに進んでいくと、家々の前の前を流れる水路が。
水は澄んでいます。

さらに進んでいよいよ森が近づいて来ると祠が。



昔はここにいくつもの御地蔵さんがあったんだけどなあ。
今はなぜか、天照大神を祭った祠があります。
どうしてそういう事になったんだろう?



さらに進んでちょっとした杉木立。
ここも懐かしい場所。
子供の頃、ここでよく蝉採りをしたものです。
その頃はもう何本か樹があったような気がします。
こんな風にいろいろ物も置いていなかったなあ。
ちょっと進んでもう一度振り返る。



やっぱり、3本ってことはなかったな。



さあ、いよいよ山道に入ります。
まずはツツジがお出迎え。

続きはまた明日。
関連記事

初夏の里山へ

(Mon)

Posted in 里山へ

0 Comments



ちょっと時間を遡って、5月に山歩きをしたときの写真を。

奈良に住んでいた祖母が亡くなって、もう行く機会も少なくなるので出来るだけいろんな所に行きました。
そんななかで今回は、子供の頃に祖母に連れられてよく行った里山を、ひさしぶりに歩いたときの写真を紹介します。

里山への道のりは、まずは地元の集落を抜けて。
そろそろ田植えという時期、田圃の準備が始まっていました。



まだ水の中に目立った生き物もいない様子。



畑も広がっています。



これはナスの苗かな。
この日はいい天気でした。



火の見櫓が見えてきた。
あったなあ、そういえば。

このシリーズ、しばらく続きます。
関連記事

暑くって…

(Sun)

Posted in

0 Comments



暑くって…もう抜け殻です。
いや、つまらない冗談です。すみません。
暑い日が続いてますね。

と、書いていたらすごい夕立が降ってきて、2時間弱でどこかに行ってしまいました。
しかしすごい勢いだった。雷もすごかった。
でも、おかげで涼しくなりました。

う~ん、こりゃほんとにただの日記だな~。
関連記事

今年のバラは~その2

(Thu)

Posted in バラ

0 Comments



昨日に引き続き、今年のバラの写真を。
まず一枚目が『コレッタ』。
去年は二番花が咲かなかったので、一番花の見れなかった今年は、お目にかかれないかと思っていました。
ところが今年は、二番花がいくつか咲いてくれました。



こちらはツルバラの『ダブリンベイ』。
我が家で唯一の真っ赤なバラ。
色味はこれよりも黄色味が少なくて、もっと赤味が強いです。
といっても、見ているモニターによって色味は違いますよね。
こういうのだけはどうしようもないなあ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。