ワイルドストロベリーの花

(Tue)

Posted in

0 Comments



春から実をつけていたワイルドストロベリー
盛りも過ぎて小休止していましたが、また花をつけ始めました。
小さなアリが花の上を歩いて、受粉をたすけています。
たぶんこのアリたちが、イチゴをきれいに実らせる縁の下の力持ちです。
関連記事
スポンサーサイト

アゲハの産卵

(Mon)

Posted in

0 Comments



春から夏にかけて庭の柚子の樹に、産卵のために絶えずアゲハがやってきます。
卵からかえった幼虫は、新芽を食べて大きくなり、やがて蛹に、そして蝶に。

とはいえ孵らないまま死んでいる蛹もよく見かけます。
この春、木製プランターの底に見つけた蛹も、蝶になれなかった。
なかなか厳しいものみたいです。
だからこそ、成虫になった蝶は美しいのかもしれませんね。
関連記事

お祭りの夜

(Sun)

Posted in

0 Comments



昨日と今日は街のお祭りです。
先週通りかかったのは、お隣の町会のお祭り
小さい御神輿と山車はあるけれど、神社とか祠とかそういうものは自分の知る限りありません。

今回のお祭りは、駅前の神社を中心にしたこの辺で一番大きなお祭りです。
僕が子供の頃は、駅前でやる夏祭りには神社のお祭りと、市が主催するお祭りの二つがあって、それぞれ別の日にやっていました。
それがいつの頃からか統合されて、いまではひとつのお祭りになったようです。

お祭りがあっても僕はせいぜい通り抜けるだけですが、なんだかみんな楽しそうでした。
関連記事

アンリ・カルティエ=ブレッソン展に行ってきました

(Sun)

Posted in 芸術鑑賞・博物館めぐり

0 Comments



「アンリ・カルティエ=ブレッソン 知られざる全貌」展を観に、竹橋の東京国立近代美術館に行って来ました。

場内の解説文でも繰り返されていることですが、構図の撮り方が本当に素晴らしかったです。
そのうえ一瞬のシャッターチャンスを的確に捉えているという写真も多くありました。
これよりちょっと早くても、ちょっと遅くてもダメだというタイミングを確実に捉えて、なおかつ完璧な構図で撮っている。
本当に人間技なのでしょうか。

写真を始める前は絵を描いていた事、そして後年になってまた絵に専念していたという事は、今回はじめて知りました。
多くのデッサンが展示されていましたが、こちらも構図の取り方はやっぱり上手かった。

そのほか、「近代日本の美術」展と「アンリ・ミショー展 ひとのかたち」も、同じチケットで観れました。
こちらもかなり楽しめてお得でした。
さらに別館の工芸館の所蔵作品展も観れたのですが、こちらはタイムアップ。閉館時間になってしまいました。

その後、ぶらぶらと神保町まで歩いて古本屋を覗きながら、そのまま小川町のスポーツ用品展街まで。
そこからは地下鉄。
地元駅で降りると今日はお祭りで大賑わいです。

家に帰り着いてやがてサッカー。
今日の試合は観ていてフラストレーションたまりまくりでした。

なんだかてんこ盛りの一日でした。
関連記事

ヤモリ倶楽部へようこそ

(Fri)

Posted in 爬虫類

0 Comments


夏になると、部屋の明かりを求めて集まる虫たちを捕食するために、窓ガラスの向こうにヤモリが現れます。
このヤモリが出てきたときに、
「ヤモリだヤモリだ!」と言い、
ヤモリが上手に蛾を捕まえると、
「おぉーーー」と感嘆の声を上げる、
というのがヤモリ倶楽部のおもな活動内容です。
会長はワタクシ福の祐。
会員は父と母の2名、ワタクシが心の中で勝手に認定しております。

皆さんもヤモリを見かけたら、
「ヤモリだヤモリだ!」と言い、
ヤモリが上手に蛾を捕まえたら、
「おぉーーー」と感嘆の声を上げてください。
その日からあなたも「ヤモリ倶楽部」の会員です。
「世界に広げようヤモリ倶楽部の輪っ!!」
関連記事

ギボウシの花

(Fri)

Posted in

0 Comments



庭の金木犀の根元の周辺は、日があまり差さないのでちょっと殺風景でした。
そこで去年、日陰でも育つギボウシを2株植えました。
今年になってそのうちのひとつが、花を咲かせました。
薄暗い庭の一隅をちょっと明るくしてくれています。


話は変わりますが、ここに掲載している写真はオリジナルのサイズを小さく変換してアップしています。
その際、画質の調整をする場合を除いて、変換にはカメラに付属している「FinePixViewer」というソフトを使っていました。
ところがきょう、サイズの変更をするだけでも「Adobe Photoshop Elements」を使うほうが画質が良いことに気付きました。

もう5ヶ月もやってるのに、いま頃なにやってんだか、オレ(笑)。
関連記事

買い置きは崩壊前

(Wed)

Posted in モノ

0 Comments



再びリッターのピーラーです。
これを気に入った母は、たくさん買って親戚とか知り合いに配ったそうなのですが、
そのときの余りかそれともストックなのか、うちのキッチンの引き出しの中に未開封の新品がひとつ入っています。
そのパッケージをよく見ると、

 リッター皮むき器 (西ドイツ製)

 (西ドイツ製)

 西!!ドイツ製)

ベルリンの壁崩壊前に買ったのか!!
物持ちいいですね。
関連記事