天と地と鹿と

(Wed)

Posted in 野生動物

0 Comments

鹿110608
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2        2008年4月 奈良 若草山にて

若草山に登り始めたとき時刻は4時を回っていたけれど、これまで一度も登ったことがなかったので、どうしても行っておきたかった。
この日を逃すと、もうしばらくは行ける機会はなさそうだったから、天気がよくないのは残念だったけれど、意を決して登り始めた。

もう時間が遅かったので、登るほどに人影はまばらに。
だんだんと寂しい気分になってきた頃、山の上の方で出会った鹿。
奈良公園で見る鹿は、人慣れしてせんべい目当てでおじぎする、俗っぽい存在だけど、このように人目を逃れた場所で、静かに食物を探している鹿は、なんだか神聖な存在におもえる。
天と地と鹿だけの世界ではどのような、神と鹿との会話がなされているのだろう。
あっ、天は…写ってなかった(笑)。



JWordクリック募金

クリックしてから、募金協力サイトにアクセスすると、
NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」に、1クリック1円が寄付されます。
クリックした人は、お金を支払うことはありません。

クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
スポンサーサイト

鼻の先になにかついてる

(Sat)

Posted in 野生動物

0 Comments

子鹿110430
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2           2008年4月 奈良公園

ゴールデンウィークですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
僕はなぜか写真を用意する時間がつくれないので、とっておきの子鹿写真の最後の一枚を使うことに。ちょっとなんとかしないと。
これを書くにあたって初めて気付いたのですが、子鹿の鼻の先になにかついてます。かわいい。



JWordクリック募金

クリックしてから、募金協力サイトにアクセスすると、
NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」に、1クリック1円が寄付されます。
クリックした人は、お金を支払うことはありません。

クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン

春の子鹿

(Sat)

Posted in 野生動物

2 Comments

春の子鹿110226
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2
                    2008年4月 奈良 東大寺

東大寺の境内にはいくつかお堂があるようですが、僕が知っているのは二月堂と三月堂くらい。
この石段を上った先にあるお堂がなんと言う名前なのかも僕にはわかりませんが、いい雰囲気だなあといつも通るたびに思います。
もっとも石段を上ってこの先に行く事はなくて、横目に見つつ別のほうへと通り過ぎるのですが。
この日は石段の脇から子鹿が現れたので、近づいていって慌ててシャッターを切りました。自分としてはよく撮れた。僕のレベルじゃこれで上等です。


クリックで応援して頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン

鹿の園

(Sun)

Posted in 野生動物

0 Comments

鹿110130
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2         2008年4月 奈良 興福寺

奈良公園は鹿の園。
近所に猫がたむろしてるみたいに、鹿がうじゃうじゃ。
赤い2台のレンタサイクルと、頭突きをし合う二頭の鹿がちょっと面白かったので、シャッターを切ったのでした。
春先の鹿たちは、新しい角が生え始めたばかりでした。

ところでサッカーですが、アジアカップ優勝!すごい試合でしたね!
ひさしぶりに大興奮しました。先行き楽しみですね!


クリックで応援して頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン

冬のタヌキ

(Wed)

Posted in 野生動物

0 Comments



僕の住んでいる辺りは、それなりにまだ自然が残っている。
時たま見かけることがあるのがタヌキだ。

見るのは決まって冬。
現れるときは大体同じ所に居着いているので、その年の冬、同じ場所で何度か目にする。
場所は水辺の遊歩道沿いなので、道往く人も多いし餌付けをする人もいる。
だから余計に移動しないんだろうね。

でも、そんな所ばかりがタヌキの居場所とは限らない。
ぼくがはじめてタヌキを観たのは昨日みたいに雪の降る晩だった。
理由は忘れたけれど雪のなか、外に出ると、道をタヌキが歩いていったのだ。

たぶんすぐ近くの雑木林から出てきたのだろう。
雪のせいで、普段と違ってあたりはクルマも人も通らない。
林の中も、雪のせいでいつもとありようが替わったのだろうか?
餌がとれなくなったとか、ねぐらが使い物にならなくなったとか。

まあ、はじめて見たときは本当に驚いた。
だってここらだって東京のベッドタウンだ。そんなのいるとは思わないもの。
とはいえその後、僕はこの界隈でキツツキとかフクロウとかに遭遇することになったんだけど…(笑)。

まだ自然は残っている。でも、むかしと比べればどんどん削られている。
この写真のタヌキも、人から餌をもらっている。
あと50年経ったらどうなっているんだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。