気付けば夕方

(Sun)

Posted in 芸術鑑賞・博物館めぐり

0 Comments

夕方東博120115
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2

尾形光琳の筆による、重要文化財『風神雷神図屏風』。
東京国立博物館140周年の新春特別公開のうちのひとつ。
常に人だかりが出来ていて、みんな写メを撮りまくっていました。
すぐ隣には国宝の池大雅の屏風もあったんですが、人気なのは圧倒的にこっち。
僕は、これが目当てで行ったようなものでした。
有名な画だけど観たのは初めて。

ここって、とくに禁止マークが着いていない限り、ほとんどの作品が撮影OK。
しかも、マークがある作品は少なかった。
オフィシャルHPによると、
>総合文化展については、個人利用にかぎって写真撮影ができます。ただし、撮影禁止マークのついている作品は、所蔵者の意向により撮影をお断りしています。
>撮影した画像を営利目的で複製・配布することはできません。
とあるので、ブログに載せるのは大丈夫かな。こわごわ。

とここまで書いて、記事と館内の写真もアップして予約投稿にしたんだけれど、時間前に削除しちゃいました。
ブログに載せるのが、個人利用の範疇に入るのか…微妙ですよね。
やめときました。

というわけで、出てきて振り返って一枚撮ったもの。
もう夕方。このあと散歩するつもりだったのに(涙)。
それにしても閉館30分前なのに、これから入って行く猛者が結構居るのがスゴイ。



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
スポンサーサイト

「博物館に初もうで」

(Wed)

Posted in 芸術鑑賞・博物館めぐり

2 Comments

博物館に初もうで120110
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2

東京国立博物館本館。
このコピーの通り、正月らしい企画展示が。
ことしの干支、辰にちなんで龍をモチーフとした作品の特別展が。
そのほか、新春特別展示品も。

毎日先着1400名の新春プレゼント、「土偶ストラップ」というのがあって、この日が最終日。
午前中には着いたのですが、もう無くなっていました。
何時頃までなら貰えたんだろう?
思ったより混んでいたし、かなり早くに行かないと無理だったのかな?
そんなもの貰ってどうするんだって話だけど(笑)。
でも、土偶ストラップなんて面白いよね。ダサイけどさ(笑)。



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン

東京国立博物館へ

(Tue)

Posted in 芸術鑑賞・博物館めぐり

0 Comments

東京国立博物館120110
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2

きのうは久しぶりに東京国立博物館へ行ってきました。
故宮博物館展を開催中ですが、他に行きたいところもあったので今回はパス。
ついついじっくり観てしまうので、この規模だと丸一日掛かっちゃうんですよね。
だから、特別展の平成館ではなく、常設展の本館のほうへ。
それでもお正月ということで、ちょっといつもとはひと味違いました。



クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン

国立文楽劇場

(Sun)

Posted in 芸術鑑賞・博物館めぐり

0 Comments

国立文楽劇場
FUJIFILM FinePix Z2                           2008年 大阪 日本橋付近

国立文楽劇場では、無形文化遺産である文楽はもとより、日舞や落語、その他様々な伝統芸能が上演されているそうです。いちどそういうものも観に行きたいものです。
落語と言えば、上方落語を天満天神繁昌亭に聴きに行きたかったのですが、結局行けませんでした。いまだに落語ヴァージン。

ところでこの写真、このふらふら感満載で歩いているおっちゃん、気になりますよね。気にしてもどうにもなりませんが。



blogram投票ボタン

トリケラトプスの夢

(Sat)

Posted in 芸術鑑賞・博物館めぐり

0 Comments

トリケラトプス101009
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2     2010年8月 上野 国立科学博物館にて

男の子は恐竜大好きだよね。
お父さんと息子で恐竜の化石を眺めるのっていいね。
じぶんはどっちの立場でも経験ないんだなー。ちょっと憧れる。



blogram投票ボタン

肉食系!

(Sat)

Posted in 芸術鑑賞・博物館めぐり

0 Comments

肉食恐竜101009
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2     2010年8月 上野 国立科学博物館にて

国立科学博物館は、常設展示も充実しています。
こちらは恐竜コーナーの肉食恐竜の化石。ティラノサウルスに似てるけど、違う名前が書いてあったような気がします。
閉館時間が迫っていたのと空腹で、ネームプレートのチェックがおろそかに。ハッキリしなくて申し訳ない。



blogram投票ボタン

イルカの頭骨

(Fri)

Posted in 芸術鑑賞・博物館めぐり

0 Comments

イルカの頭骨101008
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2     2010年8月 上野 国立科学博物館にて

大哺乳類展での写真から。
これらは大量座礁したイルカの頭骨です。
近年、イルカやクジラが海岸に打ち上げられることが、しばしば報道されますが、一度に2頭以上、母子関係でない個体が打ち上げられるのを「大量座礁」、「マスストランディング」と呼ぶのだそうです。
こういったサンプルを収集するのは、そういった「マスストランディング」のメカニズムを研究するといった意味合いが大きいようでした。

実際こうして並んでいるのを見ていると、頭骨が何かを語りかけようとしているみたいに見えてきます。
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の中のシーンを思い出します。
あの物語では、塀に囲まれた街の中の図書館の書庫に並べられた、様々な生き物の頭骨に物語が含まれていて、それを主人公の僕が読むんです。違ったかな。
もう最後に読んでからかなり立つから、うろ覚えですが。
どんな動物にしろどんな人間にしろ、亡くなった後、そこにはひとつひとつ、たったひとつの物語が残っているんですよね。