ヨーロッパから来ました。

(Sun)

Posted in 野鳥

0 Comments



 白鳥の夫婦か親子かきょうだいか?
水辺に浮かんでいます。
写っていませんが、このすぐ脇の岸辺ではカンムリツルがお米を食べています。
橋のたもとで何年か前から、子育てを繰り返している白鳥たち。
最初は2羽だけだったのが、いまは6、7羽はいるのかな。
正確にはわかりません。
 この白鳥たち、元々はヨーロッパや中央アジア原産の外来種、コブハクチョウ。
時おり迷い鳥として飛来した記録もあるらしいですが、ほとんどが移入されたものが繁殖して各地の広がったもののようです。
さっきネットで調べたら、ここ以外でも、沼の各地で繁殖しているらしいです。
写真も見たけど結構すごい数!
餌付けしているところもあるみたい。
純粋に外来種ってことになったら、そのうち駆除とかって話になったりするのかな。
 この白鳥たち、この橋のあたりのアイドルだったんだけど、いまはホオジロカンムリツルにスターの座を奪われています。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。