帰り道~初夏の里山へ

(Sun)

Posted in 里山へ

0 Comments



さあ、帰り道をどんどん歩く。
陽もだいぶ傾いてきた、西に向かって進みます。
この坂を越えたら、



あとの道のりは下り。
ツツジが彩ります。



森のトンネルの向こうに見える、鮮やかな優しい紫が印象的。



楽しく優しい気分になれました。
やっぱり山はいいなあ。



棚田にちょっと寄り道をして、



野原に蝶を見つけました。



こちらの棚田は、お昼前に来たときとは表情がずいぶん違います。
光りの向きと色でぜんぜん違うなあ。



この段々畑も表情を変えています。
だからこそ、自然は美しい。



次回はいよいよ最終回です。
関連記事
スポンサーサイト

初夏の里山へ~段々畑と柿の木

(Wed)

Posted in 里山へ

0 Comments



棚田の眺めを堪能したあと反対側を見上げると、



そこにあるのは段々畑と柿の木です。
とはいっても畑には何も植えられていませんでしたが…。



登ってみました。
以前にも何度か登ったことはあるんです。



畑や田圃の脇には、こんな風に柿の木や、梅の木なんかがよく植えられてますね。
こういう柿は大体が渋柿で、干し柿を作るために植えられているそうです。



柿の木はちょうど新芽が伸びてきた頃でした。
このまえ来たのはもう15年位前だったかな。
いや、もっと前かな。



上から見下ろすとこんな感じ。
やさしい風景です。
下に見える錆びた鉄の棒は、どうやら荷運び用リフトのレールらしいです。
使っているのは見たことがないです。


しつこく続く。
関連記事

初夏の里山へ~いよいよ山の中へ

(Thu)

Posted in 里山へ

0 Comments



いよいよ山の中へと入って行きます。



道の脇には古い道標が。



歩きつづけるとやがて小さな原っぱがあらわれます。
昔はここにお地蔵さんが5、6体並んでいたんだけれど、何時の頃からかなくなっています。
どうしてだろう?



ここでまた少し遠回り。わき道に入ります。
ここを抜けていくと…。



眼下に棚田が広がっているのでした。


また続く。

関連記事