楽しかった山歩き~初夏の里山へ

(Sun)

Posted in 里山へ

2 Comments



「楽しかった山歩き」なんて小学生の作文のタイトルみたいですが、あえてそんなタイトルをつけてみました。
だってこういう山歩きは本当に、小学生みたいな気分で楽しめるんです。
この近所に引っ越してきちゃえば、いつでもこんな風に、気が向いたときに山歩きが出来るんだけど…。
でも近くにいると、案外行かないもののような気もします。
さて、今度この山に行けるのはいつになるでしょうか。
もう、おばあちゃんの家もなくなってしまったし、もう二度と行くことがないのかもしれません。



このころはまだ田植え前、そろそろ耕し始めようかという季節でした。
今ごろはもう、稲刈りが始まっているでしょうか。
ことによると、もう済んだあとかなあ。



畑もこの通り、畝を作ってシートを被せただけのところもありました。
今ごろはもう収穫も終えた後でしょうね。



さあ、帰りはほんのちょっとだけ来た時と道を変えて、棚田の脇の農道を下ります。



向こうの林の陰に見えるのは、シイタケ栽培のホタ木。
当たり前のような風景ですが、今の生活ではテレビでしか目にすることがありません。



やがて開けた場所に来ると、懐かしい生駒山が目の前に。
さあ、帰ろう。

長らくお付き合いありがとうございました。
「初夏の里山」シリーズはこれでおしまいです。

最後におまけ。



たくさんの葱坊主がいい感じでした。

このブログ自体はまだまだ続きます。
これからもよろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト

帰り道~初夏の里山へ

(Sun)

Posted in 里山へ

0 Comments



さあ、帰り道をどんどん歩く。
陽もだいぶ傾いてきた、西に向かって進みます。
この坂を越えたら、



あとの道のりは下り。
ツツジが彩ります。



森のトンネルの向こうに見える、鮮やかな優しい紫が印象的。



楽しく優しい気分になれました。
やっぱり山はいいなあ。



棚田にちょっと寄り道をして、



野原に蝶を見つけました。



こちらの棚田は、お昼前に来たときとは表情がずいぶん違います。
光りの向きと色でぜんぜん違うなあ。



この段々畑も表情を変えています。
だからこそ、自然は美しい。



次回はいよいよ最終回です。
関連記事

埋め立てと藤の花~初夏の里山へ

(Thu)

Posted in 里山へ

0 Comments



棚田と段々畑をあとにして元の道に戻り、
それからまた、すぐに別のわき道へ。
しばらく歩くと、向こうの林に藤の花が見えてきました。



山の斜面が埋め立てられています。
あの重機の置いてあるあたりは棚田のてっぺんあたりで、梅や柿の木がたくさん植えられていたんだよなあ…確か。
どういうこと。



う~む。
釈然としないまま、ずんがずんがと近づいて、藤の花を撮影。



真下からも撮影。
いろんな露出を試してみました。
今回はたぶん一番見た目に近いこの写真。



近くで見るとショベルカーはキリン模様にペイントされていました。
可愛らしくしてごまかしてるけど、環境破壊じゃないのか!?
この先、ここはどうなるんだろう。


山歩きは続く。
関連記事

初夏の里山へ~段々畑と柿の木

(Wed)

Posted in 里山へ

0 Comments



棚田の眺めを堪能したあと反対側を見上げると、



そこにあるのは段々畑と柿の木です。
とはいっても畑には何も植えられていませんでしたが…。



登ってみました。
以前にも何度か登ったことはあるんです。



畑や田圃の脇には、こんな風に柿の木や、梅の木なんかがよく植えられてますね。
こういう柿は大体が渋柿で、干し柿を作るために植えられているそうです。



柿の木はちょうど新芽が伸びてきた頃でした。
このまえ来たのはもう15年位前だったかな。
いや、もっと前かな。



上から見下ろすとこんな感じ。
やさしい風景です。
下に見える錆びた鉄の棒は、どうやら荷運び用リフトのレールらしいです。
使っているのは見たことがないです。


しつこく続く。
関連記事

初夏の里山へ~いよいよ山の中へ

(Thu)

Posted in 里山へ

0 Comments



いよいよ山の中へと入って行きます。



道の脇には古い道標が。



歩きつづけるとやがて小さな原っぱがあらわれます。
昔はここにお地蔵さんが5、6体並んでいたんだけれど、何時の頃からかなくなっています。
どうしてだろう?



ここでまた少し遠回り。わき道に入ります。
ここを抜けていくと…。



眼下に棚田が広がっているのでした。


また続く。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。