柿がたわわに

(Tue)

Posted in 樹・葉

0 Comments

柿101228
FUJIFILM FinePix Z2

柿がたわわに実っていました。
我が家の狭い庭にも無理矢理植えた柿の木がありますが、もう、実はひとつも残っていません。
少しくらい野鳥に残してやればいいのに、ケチなうちの父はひとつ残らず採って、ぜんぶ自分で食べてしまいました。
ここの柿はほとんど手つかずの様子。
まったく頓着せず放ったらかしにしてあるのか、それとも渋柿なのか?
鳥たちは食べてないのかな?


クリックで応援して頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

庭の柿の木にメジロ

(Tue)

Posted in 野鳥

0 Comments



今月の初旬に撮った写真。
庭になった柿の実を食べにやってきたメジロです。
今年は逃げられずに撮影することができました。



柿の木にはメジロのほかにも、雀、ヒヨドリ、シジュウカラ、カラス、ムクドリ、など、いろんな鳥がくるのですが、ことしはメジロが多かった。
この写真を撮ったあと、遠くに離れてしばらく見ていたら、最終的に9羽のメジロが来ていました。





腐りかけた柿がぶら下がっているのが汚くて…。
でも、この時点で柿の実は、この食べているものを含めてラスト2。
写真を撮りやすい位置にあるのはこれが最後でした。
つまりもうチャンスはなかったので、お見苦しいけどご容赦くださいませ。
関連記事

初夏の里山へ~段々畑と柿の木

(Wed)

Posted in 里山へ

0 Comments



棚田の眺めを堪能したあと反対側を見上げると、



そこにあるのは段々畑と柿の木です。
とはいっても畑には何も植えられていませんでしたが…。



登ってみました。
以前にも何度か登ったことはあるんです。



畑や田圃の脇には、こんな風に柿の木や、梅の木なんかがよく植えられてますね。
こういう柿は大体が渋柿で、干し柿を作るために植えられているそうです。



柿の木はちょうど新芽が伸びてきた頃でした。
このまえ来たのはもう15年位前だったかな。
いや、もっと前かな。



上から見下ろすとこんな感じ。
やさしい風景です。
下に見える錆びた鉄の棒は、どうやら荷運び用リフトのレールらしいです。
使っているのは見たことがないです。


しつこく続く。
関連記事

初夏の里山へ~いよいよ山の中へ

(Thu)

Posted in 里山へ

0 Comments



いよいよ山の中へと入って行きます。



道の脇には古い道標が。



歩きつづけるとやがて小さな原っぱがあらわれます。
昔はここにお地蔵さんが5、6体並んでいたんだけれど、何時の頃からかなくなっています。
どうしてだろう?



ここでまた少し遠回り。わき道に入ります。
ここを抜けていくと…。



眼下に棚田が広がっているのでした。


また続く。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。