生駒山も御神体

(Fri)

Posted in 山と空

0 Comments



2008年3月◯日  奈良県生駒山

再び生駒山の写真。

往馬神社に立てられた御由緒書によれば、
往馬神社の御祭神は伊古麻都比古神(いこまつひこのかみ)、伊古麻都比賣神(いこまつひめのかみ)をはじめ、あわせて七柱。
その他に境内外に摂末社二十社が祀られているとのこと。
そしてそもそもは、生駒山を御神体として祀られた古社であったそうです。

神社で最も古い記述は『総国風土記』の雄略三年(四五八年)。
正倉院文書にも記載が見られ、奈良時代からすでに朝廷との関わりがあったそうです。
古くから「火の神」としても崇敬厚く、歴代天皇の大嘗祭に関わる火きり木をこちらより納めた歴史があり、
昭和や平成の大嘗祭の「斎田點定(さいでんてんてい)の儀」にも御神木の上溝桜(先の記事に載せた杉の御神木とは別でしょうね)が使用されたそうです。

そんなにすごい神社とは知らなかった。
観光客なんて皆無の隠れた名所でした。

で、最後にもう一度あらためて、御神体でもある生駒山の写真を。
わずか一時間でグッと表情が変わりました。
これだから山のある風景はいいなあ。

それにしても、わずか2時間弱の散歩の記事に、3週間近く費やしてしまいました。
まだまだ、いろんなとこに行ったんだけど…。

関連記事
スポンサーサイト

御神木

(Thu)

Posted in 寺社

0 Comments



2008年3月◯日  奈良県往馬神社

本殿の前には御神木が。
立て札の説明にはこうありました。

  この杉の木は落雷と火災という二度の災害に遭いましたが、
  今も枝から青々とした葉が伸びています。
  災いに負けない強い生命力を持った御神木として、
  参拝者の信仰を受けています。


幹の半分くらい、あるいはそれ以上でしょうか。
黒く焼け焦げていました。
一度ならず二度までも被害に遭いながら、というのはすごいですね。
関連記事

本殿にたどり着くと

(Thu)

Posted in 寺社

0 Comments



2008年3月◯日  奈良県往馬神社

本殿にたどり着くと、太極拳のようなことをしているおっちゃんが。
でもそれが太極拳なのか、それとも自己流のそれっぽい体操なのか?
太極拳をしたことがないので判断がつきません。
「朝じゃなくて夕方だから、きっとそれっぽい体操」と勝手に決めつけてから、こっそり写真を一枚。
なんかいいかんじ。おっちゃん、ありがとう。
関連記事

大ねずみ

(Thu)

Posted in 寺社

0 Comments



2008年3月◯日  奈良県往馬神社

石段の中程にある門のようなもの。
なんと言うのかな。
その正面に、その年の干支であったねずみの描かれた、大きな絵馬がかかっていました。
なんだか愛らしい絵だったので撮影。
これはねずみの土鈴の絵かな。
関連記事

石段を上る

(Thu)

Posted in 寺社

0 Comments



2008年3月◯日  奈良県往馬神社

長い石段を上ります。
この神社、地元の方達に大切にされているようで、僕がいるわずかの間にもお参りの人が、ちょうど入れ替わるくらいのタイミングで何人も訪れていました。
僕は、入院していた祖母の健康をお願いすることにして参拝。
この10日ほどのちに、祖母は亡くなってしまいました。
まあ、比較的長生きで、家族に見守られ、おそらくは苦しまずに亡くなったので、こちらのご利益があったのかもしれませんね。
関連記事

往馬神社(いこまじんじゃ)

(Wed)

Posted in 寺社

0 Comments



2008年3月◯日  奈良県

ふらふらと歩くうちに、たどり着いたのは「往馬神社」。
現在の地名は「生駒」だけれど、「往馬」の字が使われています。
かなり古くからある神社らしいです。
むかし、たまにタクシーを使って、駅から祖父母の家にむかうときは、かならずこの神社の前を通ったけれど、通り過ぎるだけ。
こうやってきたのは初めてでした。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。