悠久の空

(Thu)

Posted in 空のある風景

0 Comments



母の実家のあった奈良で、空を見上げるといつも感じるのが、悠久の時の流れです。
ありきたりかもしれませんが、本当に感じるのです。
ゆったりとしていて、懐が深くて、心が解放されます。
きっとこの空は、1300年前と少しも変わらないのだろうな。
そんな気分になるのです。



この日、この境内から見た京都の空にも、同じものを感じました。
1300年前から、いやもっと太古から続いている変わらないもの。
どんなに時代が変わっても、空の上では同じような流れ方で、時が流れている。
普段見上げる空では、どうしてそれを感じないのかな。
いろんな先入観にとらわれた、妄想だと言ってしまえばそれまでだけれど。



名前のわからない立ち木の新芽が膨らんでいました。
今年は暖かいから、もう、同じくらいまで芽が膨らんでいるのかなあ。



最後にもう一枚、空の写真。
これにて、このときの京都の写真はおしまいです。
関連記事
スポンサーサイト

しつこく、三十三間堂

(Wed)

Posted in 寺社

0 Comments



三十三間堂の写真、ちびちびアップしていたら飽きてきた!
とくにこれといった展開もないもんね。
この写真は境内の大きな木。
古いお寺の立ち木は大きくて立派なものが多いですね。
年を重ねた樹木には凄みがあります。



裏にまわって撮った写真。
けっこう長さが表現できてるかな。
空の広さも同時に感じました。



鬼瓦、みつけるとついつい写真に撮ってしまうのです。
関連記事

お堂の周りをまわってみる

(Sun)

Posted in 寺社

0 Comments



お堂の周りを回ってみました。
正面に行くと、軒下が傷んでいます。
古い建物ですのもね。
火災の後、文永3年、1266年に再建されたものだそうですよ。



こんな彫り物がありました。
こういうのがあると、ついつい撮りたくなります。
これは獅子かな。狛犬にも似ています。
白虎ではないですよね。



ひいて撮るとこんな感じでした。
関連記事

空を背に

(Fri)

Posted in 空のある風景

0 Comments



この日は空が印象的でした。いい空だった。
空を背景にたくさんのシャッターを切っていました。
こんなとき、ついつい撮ってしまうのが鬼瓦。



葉のすっかり落ちた梢が、空を背景にくっきりとその姿を現していたのも印象的。
古木の迫力と、古都の雄大な空のコラボレーション。



なんだか毛細血管みたいです。
じっさいここを、水分とか栄養とか、生きるエナジーが流れてるわけで。
春を待ちながら、静かに力を蓄えている。
あっ、これくどいようですが、去年の2月末の写真ですからね(笑)。

関連記事

本命はこちら

(Thu)

Posted in 寺社

0 Comments



目的地の本命はこちら、三十三間堂でした。
え~っと、確認しておきますがこちら、昨年の2月の終わりに訪れたときのお話です。



修学旅行の定番スポットだから、ほとんどの方が一度は訪れた場所かと思います。
お堂の中にある一千体の観音様は圧巻ですですよね。
まあその分、趣きなんかはいまいちですけどねー。
そのお堂の中の仏像はもちろん撮影禁止ですから、興味のある方はこちらをご覧になってはいかがでしょうか。



とにかく長ーい建物なので、うまく撮影できません。
この長さをもっとうまく表現できたらなあ。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。