EOSでスーパータクマー

(Wed)

Posted in 買い物

0 Comments


先日買ったM42-EOSマウントアダプターを使って、試しに撮った写真です。
装着したレンズはスーパータクマー35mmF3.5。
露出もピント合わせもマニュアル。



絞りを決めてから、シャッタースピードを調整。
露出計の目盛りを見ながら決定。
ピントを合わせてシャッターを切る。
当たり前のことなんだけど、すべてが自動化された最新のカメラでは全部やらなくてもすむこと。
言うまでもなく、それはそれでよいことで、だからこそ撮れる写真がたくさんあります。
でもたまには、こんなマニュアルの撮影が心地いい。



撮れた写真は淡い描写。
あらためて、最新のレンズの、クッキリ綺麗な抜けの良い描写が、すごいなあと思います。きれいです。
でも、ピカピカの綺麗さももちろんいいけれど、こういう独特の空気感みたいなものが写る(ように見える)レンズの良さもありますよね。
両方あるからこそ、そのどちらものよさが際立ちます。
まあ、僕はわりとものぐさなので、こちらのマニュアルレンズの出番は少ないだろうけれど、たまにつかうといい気分転換になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

古いカメラとマウントアダプター

(Sun)

Posted in モノ

0 Comments



家に古いペンタックスのカメラがあるのだけれど、シャッターが壊れてしまって、使えなくなっています。
かといって修理して使いたいとまでは思わない。けっこう修理代もかかりそうだし。
とはいえレンズはまだ使えるし、それなりにいい味のある写真が、たしか撮れたはず…。
それに、マニュアルカメラでピントをじわじわ合わせて、ゆっくりじっくり撮るのはいいものです。



そこでこれ! EOS-M42マウントアダプターというもの。
これがあるとEOSに、M42マウントのレンズを取り付けられるのです。
ネット通販で2500円くらいだったのでついつい買ってしまいました。
でもこれで、半分ゴミと化していた3本のレンズが、使える状態になったわけで。



じっさいにEOSにペンタの35mmF3.5を取り付けた姿はこんなかんじ。
コンデジで撮ったら写りがいまひとつでした。

関連記事