キツツキに出会う

(Sat)

Posted in 野鳥

0 Comments



サプライズ!
公園で桜の写真を撮っていると、斜め後方から
「コンコンコン、コンコンコン」
と小気味よい音が。
振り返ると3,4メートルほど先の樹の幹を、キツツキがつついている!
ちょうど目線の先、僕の頭の高さくらいのところで。
周りに人だってたくさんいるのに!

大体こんなところにキツツキっているものなのか?
とにかくとりあえず、最望遠でシャッターを切る。
そして脅かさないように、さりげなく近づいてみる。
逃げない。カメラを向ける。あっ逃げた。
というわけで撮ったのはこの一枚のみ(トリミングしています)。

帰ってから本で調べると、どうやらキツツキの一種「コゲラ」のようです。
『全国の平地から亜高山の林に生息し、東京では都心の公園でも生息している。』(日本の野鳥:竹下信雄著 小学館刊)
ふ~む、そうなのか。結構いるものらしい。
しかし生まれて初めてだよ、野生のキツツキなんて。しかもあんなに至近距離で。

ブログをはじめて、カメラをしょっちゅう持ち歩くようになってから、不思議な偶然が増えたように感じる。
亀に出くわしたり、工事で道が通りにくいので迂回して、普段いかない公園の満開の枝垂桜を見つけたり、キツツキに出くわしたり…。
これってセレンディピティ?考えすぎか(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。