超有名なクラゲ

(Thu)

Posted in 水棲生物

0 Comments

エチゼンクラゲ100916
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di?         2008年 大阪 海遊館にて

超有名ですとも。エチゼンクラゲです。
ニュースで見るような大きなものではなく、小さな個体。
大きなものは、生きたまま捕獲したり移動したりするのが難しいんでしょうね。
以前に、江ノ島水族館でそういったチャレンジをされているのを、テレビでみたことがあります。
エチゼンクラゲを水族館に連れてくるのは、なかなか大変な作業のようです。

ことしはエチゼンクラゲが少ないんだそうですね。1000分の1くらいだとか。漁の邪魔にならないから、今年はブリだとかが安く食べられるのかな。
なんと言っても漁師さんたちには、ちょっといいニュースでしょうね。

さて、今回を持ちましてこのクラゲシリーズは最終回となりました。
明日からはまたちょっと、真夏のスカイツリー周辺で撮った写真を紹介したいと思っています。
暑い暑いと苦しんでいたのに、急に涼しくなっちまいましたね。ちょっと寂しい。
寝てる間に風邪引かないように、ちゃんと布団をかけて寝ようっと。


blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

触れたら壊れそうなクラゲ

(Tue)

Posted in 水棲生物

0 Comments

ギヤマンクラゲ100914
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di?         2008年 大阪 海遊館にて

繊細なガラス細工のような美しい姿。
その名は「ギヤマンクラゲ」。
この繊細な美しさの前に、語ることはなにもありません。


blogram投票ボタン
関連記事

名前のわからないクラゲ

(Tue)

Posted in 水棲生物

2 Comments

ネクチクラゲ目100913
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di?
2008年 大阪 海遊館にて

タイトルのとおり、名前のわからないクラゲです。
海遊館のネームプレートには「ネクチクラゲ目の一種」と書かれていました。
ネクチクラゲ目というのは「根口クラゲ目」のことだとおもいます。
ウィキペディアの「クラゲ」の項目によると

>根口クラゲ目 Rhizostomeae:タコクラゲ・エビクラゲ・ビゼンクラゲ・エ チゼンクラゲ・サカサクラゲ

などとあり、ネクチクラゲ目だから「ネクチクラゲ」なんて、イージーなことはあまりなさそう。
まあ、名前や肩書きなどどうでもいいですね。


blogram投票ボタン
関連記事

触手の長ーいクラゲ

(Mon)

Posted in 水棲生物

0 Comments

パシフィックシーネットル100913
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di?
2008年 大阪 海遊館にて

こちら、パシフィックシーネットルというクラゲです。
きのうのアカクラゲにちょっと似てますね。
長い触手が立派で、堂々たるハデなクラゲだったように思います。とは言え、実際にみたのが2年も前なのでウロ覚えですが…。
このクラゲも毒があるみたいです。
でも毒とかよりなにより、海の中でこんなのの触手に巻かれたらそれだけでパニックになりそう。


blogram投票ボタン
関連記事

毒々しいクラゲ

(Sun)

Posted in 水棲生物

0 Comments

アカクラゲ100911
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di?         2008年 大阪 海遊館にて

見るからに毒々しいクラゲ。『アカクラゲ』です。
実際に毒を持ったクラゲだそう。触手の毒にやられると痛みが走り、ミミズ腫れや水脹れに。
打ち上げられて乾燥していても、毒を持った刺糸が風に舞い、あやまって人が吸い込むとくしゃみを起こすそうです。
この写真は、水槽のライティングやら、カメラの影響やらで真っ赤に写っていますが、実際に海で見るともっとおとなしめの色彩のようです(こちらを参照)
浜辺に打ち上げられていても触らないようにしないと。


blogram投票ボタン
関連記事

ミズクラゲによく似たクラゲ

(Fri)

Posted in 水棲生物

0 Comments

キタミズクラゲ100910
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di?         2008年 大阪 海遊館にて

2週間ぶりのご無沙汰です。
リフレッシュして帰ってきました! と言いたいところですが、果たしてどうなのかな。とくにどこにも行ってないし。夏休みらしいことは何もしていませんでした。
まあ、でも、2週間前に比べるとかなり過ごしやすくなりましたから、更新もちょっと楽。
おとといの台風で一ヶ月ぶりの雨が降ったし、風もなんだか涼しくなっていい感じです。とは言えまだまだ日差しはきついけれど。

では2週間ぶりの更新。ダラダラと古い写真で行きますよ。
このクラゲも2年前の海遊館で撮ったもの。『キタミズクラゲ』です。
よく見かける『ミズクラゲ』によく似ていますが、東北や北海道に分布しているそうです。
何でもここ3年、大量発生して漁業の邪魔になっているとか。
今年はエチゼンクラゲがほとんどいない、というニュースを先日耳にしましたが…何かしら、いろいろとトラブルってあるもんですね。
こうやって眺めてるぶんには害がないんだけどなあ。


blogram投票ボタン
関連記事

可愛らしくて危ないクラゲ

(Mon)

Posted in 水棲生物

0 Comments

ハナガサクラゲ100808
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di?         2008年 大阪 海遊館にて

ハナガサクラゲです。直径10センチ弱の小さめのクラゲ。
名前のとおり、花笠のように可愛いデザイン。
でも毒を持っていて、刺されると痛いそうです。
可愛いからと不用意に近づくとえらい目に遭うのかな? まるで16、7の女の子みたいだ(笑)。
まったく、天使と悪魔が同居してるよね。あの年頃の女の子って。
ほんとえらい目にあったよなあ、もう昔の話だけど。
うわっ! 話が横道に!

ところできょうは、きのう撮った花火大会の写真をと思っていたけれど、チョイスしきれず1次選考まででギブアップ。明日以降に持ち越しました。
明日アップできるかな?無理かな?
大したものではないんだけど、せっかく撮ったし、夏の風物詩ですからね。


blogram投票ボタン
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。