航行灯を持つクラゲ

(Fri)

Posted in 水棲生物

0 Comments

カブトクラゲ100805
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di?         2008年 大阪 海遊館にて

大きさは6、7センチくらいだったかな。
小さな体の上を幾筋かの光がウェーブでもするみたいに、色を変えながら流れつづけていました。分光スペクトルが流れているみたいでした。
航行灯を点けて海の中を漂う船、というかUFOみたいです。

その名はカブトクラゲ。姿カタチが兜に似ていることから名付けられたようです。
でも実際の兜にこんなイルミネーションが点いていたら、目立ってしまっていろいろ大変そうですね。

この光るクラゲ、日本近海に生息していて、東京湾にも結構いるみたいです。結構驚きです。
まあ、東京湾には海ほたるもいるし、光る生き物って結構近くにたくさんいるんですね。

この写真のクラゲ、なんだかタングステンのランプみたいにも見えますが実際の色はこんなに赤っぽくなかったような。
もう撮影してからかなり経つので忘れてきてるんですが。
もっと白っぽかった気がします。
かなりきれいでした。



blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。