カビたレンズの現役復帰

(Fri)

Posted in モノ

0 Comments

レンズ清掃120426
Canon EOS KissDigitalX + TAMRON SP AF18-50mm F/2.8 XR Di2


もう3月のことになりますが、カビたレンズの清掃をしました。
さいきん、「Canon EF28-105mm F3.5-4.5 USM」で撮影した写真が増えているんですけど、気付いた方はいらっしゃるでしょうか。
かなり以前にも、記事にしたことのあるこのレンズ、僕が初めて買った銀塩一眼レフカメラのキットレンズ。
保管の仕方が悪くて、うっかりレンズにカビが生えてしまっていました。
(当時の記事はこちら)
撮ると写真がなんとなくモヤッと白っぽくぼやける気がするし、カビがカメラ本体や他のレンズに移っても嫌だなあと思い、ほとんど使うことも無くなっていました。

カビはレンズの内側にあるので、除去するには分解するしかありません。
以前、メーカーに見積もりを頼んだら、部品が無いから新品と交換とのこと。
こっちが頼んだのはカビ取りなのに…。
ちょっと手を入れればまだ使えそうだから言ってるのに、なんだかなー。
で、どうすることも出来ないまま5、6年(もっとかな)放置していたのです。
捨てようかとも思ったけれど、初めて買ったレンズだし、ちょっと手を入れれば使えそう。
とはいえ中古市場では完全にジャンク品レベルだし…。
そこで思い切って、自分で分解して掃除することとにしました。
光軸がずれたりとか、問題が起こるかもしれないけれど、そのままで使わずに置いているだけなら、と思い切って!


カビたレンズ120426

白い点々がカビ。
まずはネット上の情報をたよりに、一番手前のレンズを外すことに成功。
この奥のレンズが汚れているのだろうからそこを掃除して、その奥のレンズも汚れていたらそれは諦めるつもりでした。
そこらまで弄ると、完全に調整とか狂いそうだし、そもそも組み直せるかアヤシイし (^_^;A
ところが外してみると、カビているのはその外したレンズの内側。
クリーナーで綺麗にして簡単に元のように組み付け。


レンズ分解120426


もう一カ所カビが見えたのが後ろ側のレンズ。
ここの分解は前側より大変でしたがなんとか成功。
これも、カビているのは外したレンズの裏側。クリーナーで綺麗にして元通りに組み付けました。
こうして綺麗になった姿が冒頭の写真です。

思えばこのレンズでいろんな所、たくさんの人、大事な想い出を撮ってきました。
また使えるようになって、自分でも思いがけないほどうれしかった。
バラしたことで、撮った写真に何か問題が発生しているとしても、僕には認識できていないので(笑)結果オーライです。
逆光ではあいかわらずモヤッとするので、カビ自体はあまり撮影には関係なかったのかもしれません。
このレンズで撮ると、最近のレンズのようにシャープじゃないけれど、ちょっとアナログっぽい味わいがある写真が撮れる感じがします。
望遠側にゆとりもあるので、これで高倍率ズームがますます遠のきそう。
もう生産終了したこのレンズ、僕にとってはお宝。大事に使っていきたいとおもいます。


クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト