モカ・エクスプレス / 1933

(Wed)

Posted in モノ

0 Comments



きのうの話の続きです。
うちにあった3つのうちの最後のひとつがこれ。
「モカ・エクスプレス」、エスプレッソメーカーです。

本体が上下に分かれる構造、下の段に水を入れます。
上の段と下の段の間に、漏斗とカゴが一体化したような受け皿にコーヒー粉を入れてセット。
上段に下段をねじ込んでセットします。

あとはそのまま弱火にかける。
温められた下段の水は、水蒸気になって上に向かいます。
水蒸気は漏斗の細い口を通って、コーヒーの入った籠を通り抜け、上の段にできあがったエスプレッソコーヒーがたまる仕組み。

だけどほとんど使っていません。
使い終わったあと洗うのが手間なんです。パーツが多くて。
乾くのも遅くてなかなか片付かないし。

このまえ使ったのも、もう一年以上まえ。
この写真も実は、コーヒーは入っていません。
ちょっと演出のために火にかけただけ。
こういうの「やらせ」ってことになるのだろうか。
黙っていたら、なりますね。
コーヒーは入っていません(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。